ふるさと納税の限度額を源泉徴収だけ用意して簡単に知る方法!

源泉徴収票をお手元にご用意ください

ふるさと納税は2000円の自己負担額で

寄付をして返礼品もゲットでき、節税になると人気の制度です。

ふるさと納税の限度額の計算は複雑なので自分でやりたくありません。

 

でも、サラリーマンの方の場合は

源泉徴収票を用意するだけでふるさと納税の限度額を簡単に知ることができるんです!

 

まず、下記のURLをクリックしてください。

https://www.satofull.jp/static/calculation01.php

「詳細シミュレーション」というところに移動します。

ふるさと納税の限度額を源泉徴収だけ用意して簡単に知る方法!

(1)(2)(3)に源泉徴収票から数字を入力してください。

 

 

源泉徴収票のチェックする場所は以下の通りです。

ふるさと納税の限度額を源泉徴収だけ用意して簡単に知る方法!

(1)総収入金額 … 源泉徴収票(1)の赤枠部分です
(2)給与所得控除後の金額 … 源泉徴収票(2)の青枠部分です
(3)所得控除額の合計額 … 源泉徴収票(3)のオレンジ枠部分です

 

簡単にチェックできますね^^

 

 

手元に源泉徴収票が無い場合は・・・

「源泉徴収票なんてすぐ出てこないよー」

「源泉徴収票捨てちゃった・・・」

という方は簡易的なシミュレーターでふるさと納税の限度額をチェックできます。

 

下記のURLをクリックしてください。

https://event.rakuten.co.jp/furusato/mypage/deductions/

簡易的なシミュレーターでふるさと納税の限度額をチェックできます

 

年収・家族構成・扶養家族を入力するだけで、

寄付上限額の目安を知ることができます。

 

 

まとめ

源泉徴収票があれば、難しい計算式とにらめっこすることなく

簡単にふるさと納税の限度額を知ることができますね。

 

ふるさと納税にトライするときは、チェックしてみてください。

 
 
 

【関連記事】

ふるさと納税 限度額の簡単シミュレーションはコチラ↓

ふるさと納税 限度額超えたらどうなる?ペナルティはあるのか?

ふるさと納税の限度額 年金受給者はいくらまで寄付できる?

ふるさと納税の限度額は住宅ローン控除があるとどうなるか?

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です