ふるさと納税 限度額の簡単シミュレーションはコチラ↓

ふるさと納税寄付上限額簡易シミュレーター

ふるさと納税の限度額が知りたいけど計算メンドクサイ

「ふるさと納税は、寄付をすることで返礼品をゲットしつつ税金が控除される」

というメリットがウケて大注目の仕組みになったといえます。

とはいえ控除額には上限が設けられています。

 

基本的には年収によって決まります。

ふるさと納税での税金の控除は

・所得税からの控除
・住民税からの控除(基本分)
・住民税からの控除(特例分)

の3つに分かれます。

 

それぞれ

・所得税からの控除 = (ふるさと納税額-2,000円)×「所得税の税率」
・住民税からの控除(基本分) = (ふるさと納税額-2,000円)×10%
・住民税からの控除(特例分) = (ふるさと納税額-2,000円)×(100%-10%(基本分)-所得税の税率)

というような計算で控除額が出せるのですが、

例外なんかもあってややこしいです。

ふるさと納税の寄付上限額が簡単にわかるツールを紹介します。

 

 

ふるさと納税寄付上限額かんたんシミュレーション

楽天が提供しているふるさと納税寄付上限額かんたんシミュレーターを実際に使ってみます。

 

まずは下記のURLにアクセスしてください。

>> ふるさと納税寄付上限額かんたんシミュレーターはコチラ

 

 

ふるさと納税 限度額の簡単シミュレーションはコチラ

上のような画面が出ますので、

年収を入力し、家族構成と扶養家族を選択してください。

 

 

ふるさと納税 限度額の簡単シミュレーションはコチラ

すると上記のように「あなたの寄付上限額(目安)は〇〇円です」

と表示されます。

 

 

とっても簡単なので、ふるさと納税寄付上限額チェックに使ってみてください。

 

【関連記事】

ふるさと納税 限度額超えたらどうなる?ペナルティはあるのか?

ふるさと納税の限度額 年金受給者はいくらまで寄付できる?

ふるさと納税の限度額を源泉徴収だけ用意して簡単に知る方法!

ふるさと納税の限度額は住宅ローン控除があるとどうなるか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です