年賀状を郵便局に丸投げは本当に安いのか?

年賀状を郵便局に丸投げは本当に安いのか?

嵐 櫻井翔のCMでおなじみの郵便局に年賀状丸投げってどうなの?

年賀状って「来週末やろう」って思いながら

ズルズルと年末まで後回しにしてしまいがち。

自分でやるんじゃなくって郵便局などに年賀状丸投げすれば

楽なんじゃないか?

そんな思いからリサーチしてみました。

 

 

年賀状作成が進まないとお悩みの方、必見の内容ですよ。

最近テレビコマーシャルが始まった年賀状の丸投げ印刷。

2019年の年賀状は嵐の櫻井翔さんがメインキャラクターのようですね。

「ちょんまげ」「かき揚げ」「やり投げ」「アゲアゲ」といった

「丸投げ」と同じ韻を踏んでいる言葉から

年賀状の丸投げサービスを思い出すというストーリーです。

なかなか面白いコマーシャルです。

 

 

年賀状を郵便局に丸投げは本当に安いのか?

年賀状の「丸投げ」サービスですが、

何を丸投げできるかというと、

・年賀状のデザイン印刷(デザインは自分で選ぶ)
・差出人の印刷
・宛名の印刷
・投函代行

といった内容です。

 

好きなデザインを選んで、差出人データと宛名データを送れば

あとは丸投げできるということです。

自分で印刷・発送しなくていいというだけでも手間が省けますね^^

 

ただ、この年賀状の印刷代行というサービスは

印刷会社の多くが古くから取り組んでいます。

 

 

郵便局に年賀状印刷を依頼すると、

年賀はがきを販売している胴元なだけに安く済むイメージがあります。

でも、待ってください。

実は民間の印刷会社の方が安いケースがあります。

印刷部分など血のにじむような企業努力が感じられますね。

また、デザインの種類も豊富なので、印刷会社のサービスも比較してみると良いと思います。

 

>> テレビCMもやっているしまうまプリントの年賀状プリントサービスはコチラ

 

 

年賀状作成を印刷会社に丸投げして、週末をゆっくり過ごしましょう!

 

【関連記事】

年賀状の一言で友達に「面白い」と言われたい!気の利いた文例を紹介します?

定番の年賀状作成ソフト 無料で「筆ぐるめ」は使えるのか?

2019年の年賀状はいつまでに投函すれば元旦に間に合うか?

年賀状の値段 2019年はいくら?値上げしたのか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です